2008年10月07日

からしを手作りで。

手作りカラシ__が、いま我が家ではブームです。

とある高級中華料理店でアルバイトをしている家族が、
「からし って、簡単に作れて美味しいから、
今、作ってあげるよ。」


そう言ってキッチンで作ったことが始まりでした。

そのカラシは、深みがあってとって〜も美味で、
プロが作ったような、goodな味。


我が家では、チューブのカラシが
なくてもすむようになったくらいです。

このお手製カラシがあれば、
市販のチューブのカラシがきれた時にも便利。

慌てなくてすみます。

みなさんの家でも是非、
小さな缶に入った*粉末のからし*を常備して
【オリジナルからし】を作ってみてください。

手作りカラシ、その作り方です。

◆用意するもの◆

 * 缶などに入った、粉末のからし
 * 食用の 酢

◆作り方◆

●1:小さな容器かお皿に、粉末のからしを入れる。
   (量は、作るからしの量によりますが、
    ここでは、こさじ3杯にします。)

●2:粉末のからしに、お酢 を入れる。
   (小さじ3杯のからしなら、同じ量くらい)

●3:1と2を、スプーンなどを使って、よく混ぜる。

これで、まったりとした本格的なからしができあがります。

このカラシを使うと、

「その場で手作りで新鮮な調味料」__の条件が、
料理の美味しさを惹き立てること間違いなしです。

例えば、サラダに混ぜるなど、大量に使う時は、

柔らかいからしが多めにあれば便利ですよね。


お酢の量を幾分増やして作ると、
ちょうど混ぜやすいやわらかさの、
オリジナルなからしができあがります。

お酢を混ぜて、その場で作ったカラシなら、
衛生的で、冴えた食感がすること間違いなしです。

何より、混ぜるお酢の量によって、
いろいろな濃さのカラシができる
のがいいんです。

微妙に味がちがうカラシだってできます。

味が違いますから、その色も、微妙にちがいます。

お酢を使って作るなんて、
家族がアルバイトをしているお店で、
実際に仕事として作って、仕入れた情報です。

そのお店って、実は銀座アスター。
さすが、チューブのカラシはだしませんね(安心)。

カラシにバリェーションをもたせて、
オリジナルなお料理をさらにグレードアップさせる__。

パーティーにも《手作りからし》を!
「からしまで手作り」!!
*満足のたね*が、ひとつ増える感じがしています。
posted by しう at 11:25| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。