2008年10月08日

株価下落の大変さ

 //NES//

8日午前の東京株式市場は、

前日の米株価急落や外国為替市場での円高進行を受け、

ほぼ全面安の展開となり、日経平均株価が前日に続いて

1万円を割り込んだ・・・・・。


『ふぅ〜ん、・・で?』

正直、日々速報がでるほどの、株価下落__

のニュースを見て、

『ちょく、私達の毎日への影響は?』の思い。

兜町には縁のない暮らしをしている自分のような人間。

新聞の一面を見て、《危機感の共有をしたい》と思う。

〜金融不安の一段の高まり〜

が、はっきり言ってこころに響いて・・、こない・・・。

戦々恐々として、株価の値を追っている人たちって、
日本人の何%くらいなのだろう・・・?

◆日経平均は 取引開始直後に1万円を割り、

       午前中に 同 469円安 の 9686円◆

意味は理解できる。

円相場が1ドル=101円台。

円高に振れると、輸出関連銘柄が大きく値を下げる_、
という知識はある。 

◆銀行株などが売りを浴びた◆
大手銀行が倒産してもおかしくない状態? 

■2003年6月以来の安値水準となった■

■下げ率は1953年以来、過去3番目■


っていうことは、
今、50歳代の半ばの人が生まれる以前の下げ率__


〜〜欧米の金融システム不安は世界的な
  景気悪化懸念に拡大しており、
 「売りが売りを呼ぶ展開」(大手証券)に陥っている〜〜

だから、それが景気にじょじょに(どんどん・・?)、
影響を及ぼし、インフレにもなり得る__っていうこと?


◆東証1部銘柄の96%に当たる1649銘柄が下落◆

って、見て、株をいっぱい持っている人には、
『チョ〜、やばい』緊急事態なんでしょうけど。

これだけ騒がれるっていうことは、

__株を持って、運用している人が多い__ってこと。


(あの、ゆうこりんも、株をやってるとか・・)

事実、兜町を歩く人へのインタビューに、

「まったく、お先真っ暗とはこのことですね。」
「1年前には、こんな数値、まさか予想できませんでした。」
「誰のせいでもないし、私にも、どうにもできませんしね。」

なんか・・、知らないところで、
みんなが、焦っているのって、__仲間はずれ__
なんて、思ってしまうちっ(怒った顔)

だって、それこそ、タンス貯金すら、持ってないし〜。

金融や経済は生き物__ってことはわかります。

「なぜ?」とか「どうなるの?」という予想に関する答えは
一つではないのでしょうが、

この連日の緊急事態を報道するニュースが、
生活者に見えない魔の手として、
どういうからくりで、危機を及ぼすのか? ・・・やっぱり、

▲金融経済教育が立ち遅れているわが国の教育を受けてきて

▲金融経済についてよく知らない大人になっちゃった自分

そんなことを感じています。

経済のメカニズムを地道に学習・理解し、

お金との上手なつきあい方を体得していくには、

●いまのこの経済状況の、刻一刻と変化する事態が、

●絶好の学習材料になる

ことにつながるわけですね、はい。

いま学校現場では、

『金融や経済の話』を、わかりやすく学べる
[金融・株式スクール]が、大流行だそうです。


自分も、話を聞きに行って、
いまの危機感を芯から理解できるようになりたい・・・−−!

・・・このノンビリ__が、

貯金が増えない理由でしょうね。
このアホ!__と思わずに読んでいただけたでしょうか。

 PS: アイスランド__全国民の預金の国有化__
     大変なんですよね。
     アメリカ____失業中の男性が、将来を悲観して、
     命を自ら・・・。
   
もちろん新聞は、今までになく、経済面を、読んでいます。   
posted by しう at 18:14| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。